用語解説

オフィスの機能を考えてみると

●執務スペース機能・・・・・・・・オフィスは机とイスである
●内部コミュニケーション機能・・・オフィスは打合せ・会議の場である
●社会的連絡先機能・・・・・・・・オフィスは社会的な看板である
●顧客応対機能・・・・・・・・・・オフィスは受付・商談・応対の場である
●倉庫・物流機能・・・・・・・・・オフィスは金庫であり物置であり郵便ポストである

というように分けることができるだろう。(Wikipediaより)


バーチャルオフィスとは
執務スペースがなく住所や電話番号だけを借りることになります。そして、郵便物や電話は、設定した住所や電話番号に転送されるようになります。ブランドイメージの高い住所やビルを安く借りられるので企業イメージアップをはかれます。

レンタルオフィスとは
ビルのフロアーを間仕切り、その個室を利用する形態です。大きな執務スペースは必要なくどちらかと言えばブランドイメージの高い便利な場所で仕事をしたい方が選びます。

シェアオフィスとは
バーチャルオフィスとレンタルオフィスの間の存在です。ビジネストランスファーではバーチャルαやフリーデスク等のプランです。レンタルオフィスのようなプライベートスペースはありませんが、ワークスペースがあり、来客対応も出来、会議・セミナー等も開催できます。

ビジネストランスファーを選ぶメリット

通常のオフィスに比べ安いコストで、都心の1等地に会社住所を表記(登記)することが出来ます。地方で会社を経営しているが、最近東京での取引が多くなり、事務所を構えたいが、コストを抑えたいと考えておられる方、自宅で仕事をしているのだが、対外(営業)的には自宅ではない住所が必要な方、もちろん仕事で全国(全世界)を飛び回っている方には東京駅真正面の立地は、効率的にビジネスのさらなる発展が期待出来ます。

ビジネスチャンスは東京にあり 2020年東京オリンピック万歳