バーチャルオフィスなら東京の都心部に格安で住所と電話番号を持つことができます

バーチャルオフィスとは、仕事をするにあたって必要最低限のツールをレンタルできるようになっているシステムの一形態です。
レンタルオフィスもかなり低料金で利用できますが、それよりも安く利用できるため、より少ない予算でのオフィスが必要な方に人気があります。

バーチャルオフィスでは、低予算で都心の便利な場所の住所を持てることはもちろん、電話番号やFAX番号なども借りることができます。
レンタルオフィスのような専用の作業スペースはありませんが、届いた郵便物はあらかじめ指定した場所へ転送してもらえたり、電話も携帯などへ転送されるサービスもあるので、効率よくビジネスを行うことができます。

これらのメリットを特に享受できるのは、起業したての会社でしょう。
維持費が安いながらも、東京の一等地などの都心部に住所や電話番号を持つことができます。
規模が読みづらいビジネスでは、事業の状況を見ながら計画を練り直すことのできるバーチャルオフィスが最適かもしれません。

最近では学生起業家も珍しくなく、在学中の学生がバーチャルオフィスを利用して会社を立ち上げるケースも増えています。
その意味では、若者に広く起業のチャンスを与えている効果は大きいものがあります。

また、自宅をオフィスにして営業している場合、住所や電話番号の公開などで家族に迷惑をかけることがあります。
そのような時にバーチャルオフィスを利用すると、何かと便利で安心です。
オフィススペースは自宅にあり、仕事の前線基地として東京などの都心部に連絡専用のオフィスを持つイメージです。
住所を都心部にするだけで、仕事が増えることは決して珍しいことではありません。

また、バーチャルオフィスの場合、会議室なども利用できるところがあるので、定期的な会議や打ち合わせがある場合には、それらも活用すると良いでしょう。

地方で事業をしている場合、東京進出の足がかりとして利用するのも良い方法です。
本社が地方にあり、東京に支社を新設するとなると、かなりの予算が必要となります。
その代替手段としてバーチャルオフィスを利用することで、低予算で東京の住所と電話番号を持つことができます。
仕事の電話がかかってきても自動転送で本社で受けることもできるため、通常のオフィスワークと何ら変わることなく営業できます。


レンタル・バーチャル日記一覧へ戻る