やっぱり地震は怖い(その3)

神戸支店は元町にあり、築2年位でしたが、結構被害がありました。窓ガラスが路上に散らばっていましたし、
トイレ等の水回りの壁も崩れ落ちていました。

被害状況の調査に来た○中工務店の担当者の言葉に耳を疑いました。
「これは、手抜き工事だね」

トイレの壁のブロックに鉄筋が入っていなかったようです。
(あなたの会社が施工主じゃないか、発注者の前でよく言うよ。)

下請けに、「丸投げゼネコン大手」だからといっても、信じられない言葉でした。
その○中工務店に修理費用として1億以上払ったことを知り再度驚き、
「何故?上場主幹事絡みなの?」・・・未だに上場していません。

これだけ被害が多いと、それぞれの手抜きなど問題になりません。
「揺れが想定外」で終わりです。

実際に工事をするのは下請けです。
ゼネコンにピンハネされ利益どころか赤字です。
コンクリートの強度や中にどのぐらいの鉄筋がなど、素人には判りません。
 
 
あらためて周りの建物を見ると、古くても大丈夫な建物と、新しいのに倒壊しているのと不思議な混在です。
天災だけでなく人災の部分も結構あると思いました。

インフラの重要性をこれ程実感したことがありませんでした。
電気・水道・ガス・電話・電鉄・道路等です。

普段当たり前のように使っていますが、いざ無くなると大変です。
電気と電話の回復は比較的早かったですが、水道・ガス・JRは約3ヶ月、下水道5ヶ月、阪神・阪急電鉄6ヶ月、
湾岸高速道路9ヶ月、阪神高速道路1年半かかりました。

家族を実家に預け1人仕事に戻ったわけですが、風呂がありません。
神戸にはやっている銭湯はありませんでした。

西宮の銭湯がやっていると聞きつけ、何人かで行ったのですが、まさに、湯ぶねはイモ洗い状態が止みません。
押しくら饅頭しているみたいでした。

ある日、地震当日電話を掛けてきたバカな部下と車で外出、
「お前臭くない?」
「いや課長も臭いですよ。」
「よし、六甲山荘が復興オープンしたようなので風呂に入りに行こう。」

六甲山荘とは六甲山の頂上付近にある健保組合の保養所です。
「神戸支店の○○ですが、風呂に入らせてください。」
「いいですよ、そこのノートに記帳してください。」

記帳しようとノートを見ると、そこには見たことのあるような名前が(岩崎琢弥・高尾吉郎)
「じぇ・じぇ・じぇ・・・」とは言っていませんが
「課長やばくないですか?」
「そういえば、朝、支店長が明日は天上人の訓示があると、訳の判らないことを言っていたのはこれか。」

当社の会長・社長です。
被災した取引先のお見舞いや支店の激励に来られたみたいで、営業しているホテルがないので、会社の保養所を利用したようです。
「ここで会ったが100年目、明日の訓示は、『神戸支店の皆様、被災した中、毎日ご苦労様です。
 ただ、1人2人、昼間から呑気に風呂に入っている社員がいることを本当に残念に思います.』だな。」

慌てて逃げ出した2人でした(笑)。
今バカな部下は九州で支店長らしい、成長したんだね(笑)
 
 
ホテルの話を1つ、被災した人たちは、大体近所の学校などの避難所に避難しましたが、ホテルに逃げ込んだ人たちもいました。
ロビーで寝泊まりしていたみたいです。
「明暗を分けた被災者」こんな感じです。

神戸で有名な2つのホテル、新神戸オリエンタルホテルとホテルオークラ神戸です。
新神戸オリエンタルホテルは当時日本1のスーパーだったダイエーグループのホテルです。
オークラは東京のホテルオークラの神戸店です。

新神戸オリエンタルホテルは新幹線の新神戸駅前にあり、オークラは港神戸の湾岸に立つ、
それぞれ山側、海側から神戸の100万ドルの夜景を見渡せる素晴らしいホテルです。

少しずつですが、復興も進みだしましたが泊まるところが不足しています。
被災状況を伝えるマスコミも何時までも車に寝泊まりでは身が持ちません。

ホテルの早急な営業開始は皆が望むところでした。
ホテル側も「営業開始したいが、ロビーには多くの被災者が。」悩むところです。

ある日、オリエンタルホテルが、
「○月○日から営業を再開いたします。大変申し訳ありませんが、
 被災者の方々は他の避難所にお移り頂くようお願い申し上げます。」

状況を見極めた上での判断だと思います。
多分トップ(中内氏)でなければ出来ない判断だと私は思います。

拠点を神戸から福岡(南海ホークスを買収して福岡に球場やSCやホテルを)に移しつつあったダイエーへの地元の目は厳しく、多くの批判が出ました。

それを横目で見ていたのかどうか判りませんが、一方のオークラはロビーにいた被災者を全てホテルの部屋に移し営業再開、何と食事は、シェフが作った料理をルームサービスで、これが新聞で取り上げられたから、地元民は更にダイエー批判。

神戸の被災者の怨みがダイエーを倒産に!・・・嘘ですが。
 
  
皆さん、もし東京で避難しなければならない状況になったら、是非ホテルに避難してください。
それも関西系や外資系は避けたほうがいいと思います。
(関西人がいうので間違いありません) 
私なら、オークラ・帝国・ニューオオタニですか?
家から遠いけど(笑)
 
  


社長のお財布一覧へ戻る