長生きしなきゃ

「社長が前に言っていたように、日本の大動脈『新幹線』は、脆いですね。」

「71歳の老人でも簡単なのだから、テロリストにかかったらイチコロだよ。」

「あの老人、自殺の動機が年金の少なさを訴えたかったらしく、区役所に行って『自殺するしかない』と言ったけど相手にされなかったらしいですよ。」

「ニュースで見たよ、35年間払っても貰えるのが、たった月12万円、生活保護者以下の年金支給じゃ家賃払っての生活は無理だね、18万から12万に減らされたと言ってたけど、本当かな?」

「65歳以上は一度減額されると元には戻りません、社長も今の給与のままだと、月6万5千円の基礎年金以外は0です。」

「え~!幾らだといいんだよ!」

「年金と合わせて28万以下だと大丈夫ですが、46~47万まで徐々に減額されそれ以上になると0です。60歳代前半の経営者の場合、ほとんどの方が支給停止となってますよ。」

「何~!俺が貰えるのは、あの老人より少ない月12万で、減額されると月6万5千円!家内からはもっと働けと言われ、働くと減らされる!一体どうすればいいんだよ?自殺するしかないじゃない(涙)、教えて先生、自殺すると奥さんは遺族年金で税金もかからないから喜びますとは言うなよ(笑)。」

「最近は、定年が近づいて、改めてねんきん定期便を見て、自分の年金の少なさに愕然とする人が多いようですよ。社長なんかまだ厚生年金だからいいですよ、僕なんか個人事業主の士業は国民年金だけですからもっと少ないですよ。」

「政府が継続雇用を促しているのはこれか、60歳を越えて会社務めなら、厚生年金を払わなきゃいけない、仮に月給40万円としても、会社負担分も合わせると月7万円程かな、老齢年金7万貰えるサラリーマンは殆どいないし減額出来るし丸儲け!ずる賢い官僚の考えそうなことだ(怒)! ギリシャのデモのニュースを見てたら、元公務員という老人が年金月50万から25万に減らされたと怒ってたよ、バカな!減らされても僕の倍じゃないですか。」

「就業人口の4人に1人が公務員、財政破綻したギリシャ、日本に近いものを感じますね(笑)。」

「日本の場合、公表は人口の3%、しかし天下り先である公益法人等みなし公務員を入れると10%近くになるという人もいます、就業人口6000万人程だから、6人に1人だね。極めつけはその給与、国民の平均年収の倍近くあるのは、先進国では日本だけ、アメリカやイギリス、フランスは平均並みかそれ以下だよ。」

「そうですね、たいした産業のない地方では格差3~4倍と言われていますよ。公務員でなければ家を持てないらしいです。やっぱりギリシャと同じですね。」

「僕も公務員の息子だから、批判するのはおかしいけど、公務員が強い国はダメだね。国民の為にと言いながら外郭団体を設立し、みなし公務員を増やす、年金も貰った分を払い戻すだけなら、社会保険庁なんてつくる必要ないね、情報漏洩してまた無駄遣い、財政赤字は公務員等の給与が原因、すべての元凶は官僚制度、バカにすな~!」

「社長は401kや個人年金があるからまだいいですよ、今や『下流老人』になる確率9割と言われていますから。」

「日本人の平均年収400万程で働いてきても貰える年金額が生活保護程度とは何か間違ってる、苦しいから働くと減額される、その上税金取られたら新幹線老人じゃないけど怒るよ、僕の場合、子育てが比較的早く終わったから、独立も出来たのだよ、普通のサラリーマンだと、住宅ローンや教育費で50歳半ばまで大変だよ、先生の言うように、確かにその時になって愕然とするのだろうね、現実で『いっぱいいっぱい』だから老後のことなど考えている余裕なんかないね。」

「皆さん、何となく30万円位は貰えると思っている人が多いですが、厚生年金基金の今の仕組みだと月30万円貰うには、4300万程の厚生年金納付額、生涯給与4~5億程なければ無理です。」

「あ~もっと早く生まれておけばよかった(笑)、若い人はもっと少なくなるのかね?」

「いや、だいたい仕組みは固まったと思いますよ、『納付した金額を支給開始から平均寿命の年までで貰う』こんな感じですかね、消費税アップも年金に充てると言ってますからね、今の老人みたいに払い込んだ以上に貰えなくても、平均寿命まで生きてトントン、それ以上長生き出来たら儲け、厚生年金の良いとこは終身年金ですからね。一流企業の企業年金でもJALみたいに減額の可能性もありますから。」

「勝負は長生きか(笑)、よし酒も控えて健康に留意しよう、だけど今までの放蕩三昧で65歳までも無理かも、血圧も下がらないし(笑)。」

「そう自分は大丈夫と思っても『下流老人』への落とし穴は、病気と熟年離婚らしいですよ(笑)。慰謝料で持っていかれたら、今流行りのシニア婚活でも相手にされませんからね(笑)。」


社長のお財布一覧へ戻る